ゲットムービーはiPadでも快適に楽しめる!

ゲットムービーは何で見るのが最適?

スマホやiPad、Androidのタブレットで楽しむ事が出来るゲットムービーですが、どの端末で見るのが最適なのでしょうか?
スマホで気軽に楽しむのも良いですが、タブレットの方がゆったり楽しめるという方もいたり、用途によって様々です。なので自分にあった端末を選びたいところです。
ゲットムービーを楽しむにもそれぞれのライフスタイルにあった端末を選びたいものですね。

iPadやAndroidタブレットの選び方とは?

それでは実際にいくつかの項目毎に選ぶ際のポイントを押さえていきたいと思います。

OS

OSを三種類の中から選ぶ事となります。
Android、iOS、Windowsの三つがありますが、ゲットムービーを見るとなると、実質的にAndroidがiOSの2つになります。
Windowsの場合、2in1といってタブレットにもノート型のPCになるタイプのものもありますし、Excel等も使えるので自宅のPCのみならず全て1台で済ませたい場合等には便利ですが、PCとなってしまうのでゲットムービーを楽しむ事が出来ません。
やはりiPadやAndroidタブレットを使うなら気軽に持ち運べる方が便利ですし、いつでも何処でもゲットムービーを楽しめますので、Wi-Fiをつなげるものか、SIMフリーの端末がお勧めです。
Wi-Fiでしたら、公衆のWi-Fiスポットもありますし、ルーターを使って接続する事も可能です。ゲットムービーを見るならやはりWi-Fiがお勧めです。
SIMフリーの場合は格安SIMとの契約がお勧めですが、通信するデータ量が多くなれば通信料も多くなってしまうので自分がどれだけのデータ量が適しているのかを把握し、検討する必要があります。

解像度

SNSを楽しんだり、ネットサーフィンをしたり、程度でしたら1280×800ドットで充分ですし、価格を抑える事もできますが、デジカメで撮った高画質な画質を見るならば1920×1080ドットの解像度がある方が良いです。
ゲットムービーを楽しむにもより解像度が良い方が良いですが、値段と普段の使用頻度によって自分にあったものを考えるべきと言えます。

記憶容量

64GB以上じゃないと快適に使用するのは難しいかもしれません。
16GBの場合はOSだけで容量がとられてしまいますし、32GBですと画像や音楽を保存するとなると少し足りないかもしれません。
しかし自分の使用の仕方によって記憶容量が少ない方が金額は安くなるので、それもどのように使うかによって決めるべきでしょう。

メモリ

ゲットムービーだけでなく、全てに於いてですがAndroidでスムーズに利用出来るという事であれば2GB以上あれば問題ないのではないと言えるでしょう。
また、iOSは非公表となっていますが、最近のものでしたらまず大丈夫だと言えます。

サイズと重さ

やはり持ち運べるという最大の利点がありますので、電車の中や公共機関の中でもAndroidやiPadなのどタブレットを楽しみたいと思います。
流石に公共機関でゲットムービーをみるのは気が引けますが、ゲットムービーを楽しむだけじゃないのがタブレットなので、自分にあった選び方をしたいですね。
映画を見る場合、一般的に、縦と横の比率の事をアスペクト比と言うのですが、その比率が16:09が良いとされています。
16:10の場合は上下に黒い部分が出てしまうとの事。ゲットムービーを楽しむ場合はどちらでも良さそうです。

ちなみに電子書籍等を楽しむ場合は4:3の比率が良いとの事です。
ただ8インチ以下と小さい場合、電子書籍には向いてないとされています。電子書籍を楽しむ頻度が多い場合は8~10インチのタブレットが向いているとされています。
それ以上のサイズとなると片手で持つには少し大きいので自宅で楽しむ事が多い方や、重さや大きさは気にならないという方に向いていると思います。
持ち運びに便利で軽いのは小さいサイズとなりますが、スマホとの差が少なくなってしまい10インチ以上と大きなサイズとなると、持ち運びの問題や重さの問題等も出てきます。
外出の頻度や、自分がどんな時に一番活用するのか等が選び方のポイントとなりそうです。
よく外出するなら、小さくて軽い方が良いですし、家でしか使わないという場合ならば大画面の方がゲットムービーを見るにしても迫力あって良いかもしれません。